2018/04/11 05:30

目だけじゃない! ブルーライトが「肌にもよくない」理由と対処法

25歳から34歳のアラサー世代は、スマホに依存した生活を送っている「スマホ中毒」を自覚する人がどの世代よりも多いとか。スマホのブルーライトは眼精疲労の原因にもなるので、気をつけたいものです。ところが目だけでなく、なんと肌にもよくないことが判明しました。

ブルーライトが原因の「スマホ下がり肌」

1804_andmirai_01image via shutterstock

株式会社ファンケルが20代から60代の女性500名を対象に、「現代女性のスマホとの付き合い方」に関する意識と実態調査を行ったところ、どの世代よりもアラサー世代が「スマホ中毒」を自覚していることがわかり、さらに「スマホ中毒」を自覚している人ほど、肌力が低下して肌の乾燥やくすみなどといった悩みが多いという結果が得られたそう。そこで、同社が20年前と現代の20代女性の肌を比較した研究結果によると、現代の20代女性は、20年前と比べて肌の弾力が低下していることが判明。そこで「スマホ中毒」な女性ほど、肌力が低下した状態である「スマホ下がり肌」になっているのではと考えたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >