2018/05/03 07:20

気持ちの整理に役立つ、ウォーキング・メディテーションのすすめ

メディテーション(瞑想)といえば、ひとり静かにキャンドルに囲まれながら、ゆっくりと座って行うイメージ。日々の用事やメールの返信、家庭の事情など、毎日忙しく過ごしていると、そのようなメディテーションは、自分には無縁、または難しいと感じるかもしれません。でも実は、メディテーションはどこでやっても大丈夫。立ったまま、さらには歩きながらでもできるんです。

歩きながらでもできる瞑想法

shutterstock_325600154

「メディテーションを始めたら、じっと座って心を空っぽにしなければ、とプレッシャーを感じてめげてしまう人も。実際そんなことはありませんが、そう思い込んで、あきらめてしまう人も多いんです」とニューヨークのヨガスタジオ216(Yoga 216)の共同設立者で、ストラクチャルヨガセラピストのニコール・カッツさん。そこでおすすめなのが、ウォーキング・メディテーションです。

ウォーキング・メディテーションは、いつも頭をフル回転させているような人におすすめ。心が活発に動いている人は、身体も同じように動いているはずだからです、とカッツさんは言います。「反直感的に思えますが、身体を動かせば頭のなかもすっきりしてきます」と語るのは、マサチューセッツ大学医学部のマインドフルネスセンター長で、マインドフルネスストレス低減法(MSBR)を教えるテッド・マイスナー教授。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >