2018/05/13 07:20

不足しがちなビタミンD、上手に取るための方法15

ビタミンDは日光に当たると体内で作られることから“日光ビタミン”として知られます。

でも、Preventionとサプリメント会社セントラムの調査によると、「日光浴でビタミンDを増やそう」と考えている人は少数派。事実、「日光浴から」と考えるのは大きな間違いに。

「5月から10月の間、日光では十分なビタミンDを作り出せません。(米国では)特にアトランタ以北では」とアメリカ栄養協会の広報で管理栄養士のアリシア・ザネコスキーさん。

メーン大学の研究によれば、冬の終わりに検査した半数近くの人にビタミンDが不足。おそらく日光不足が理由なんです。

ビタミンDのいくつものメリット

日焼け止めを用心深く使うことも問題を厄介に。SPF15の日焼け止めは、身体がビタミンDを作り出すのに使う、紫外線B波を93%ブロック。皮膚も年齢とともにビタミンDを生成するのが難しくなってくるんですが、ビタミンDが身体にとってよいというエビデンスが増えているだけに問題です。長年、骨の健康と関連があるとされていましたが、免疫を整え、血圧を下げ、うつから守り、2型糖尿病、高血圧、数種類のがんのリスクを下げているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >