2018/05/15 07:20

「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

image via Shutterstock

だれもがストレスを受けていますし、ちょっとしたストレスであれば、むしろ健康にはいいのです。

マイアミ大学ミラー医学部教授で精神医学と行動科学を専門とするフィルダウス・ダブハーさんは、「数分から数時間までの一時的なストレスならば、免疫機能を強くすることもある」と言います。

でもストレスが長引いて、いつまでも続いているならば(数週間や数カ月、さらに数年に及ぶ場合)、身体の免疫機能などの調節はうまくいかなくなり、つまりマイナスの変化につながったりする可能性があります。

どんな変化なのでしょう? 慢性的なストレスはあなたを守ってくれる免疫を押さえこんでしまうのです──病気や細菌から身体を守ってくれる能力が弱くなってしまう。「身体の細胞に悪影響を及ぼし、軽い炎症を引き起こすようになります」とケンタッキー大学臨床心理学教授のスザンヌ・シーガーストロームさん。結果として、「病気にかかりやすくなってしまう」とダブハーさんは付け加えます。ですから、ストレスは本当に病気のもとなのです。


今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >