2018/05/24 20:00

腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

ああ腰痛! 痛みの前ではみな平等です。ある時期には約3100万人のアメリカ人が苦しんでおり、アメリカカイロプラクティック協会(ACA)によると、私たちの50〜80%が人生のどこかで経験するそう。

痛みを防ぐためには体重をコントロールするのが重要といつもいわれます。でも、健康でよく活動しているように見えるのに痛みがなくならないのはどうしてでしょう?

『健康な背中への3週間(Three Weeks to a Better Back)』の著者でニューヨークのカイロプラクターのトッド・シネットさん(カイロプラクティック博士)によると、腰痛は残りの人生を送る上で付いて回るバツのように感じるかもしれませんが、それはまれなケース。痛みは身体で何か別の事態が進行している兆候とも。原因をつきとめ、痛みとサヨナラしましょう。

腰痛のもとになるこれら8つの習慣をよく知り、どうやって修正するかを学んでいきます。

自宅で働いている

20180524_lowback1

在宅ワークにはメリットがあります。通勤しなくていい! ヘルシーな軽食が取れる! 休憩も自由! 問題はソファや、最悪ベッドで仕事をしてしまうときです。どちらも首や背中への支えがほとんどないのです。「ソファにもたれたり、ベッドで寝そべったりして仕事する誘惑はありますよね。それは背骨にダメージを与えるもの。そんな仕事場をちょっと変えるだけで、背中や首を痛めることなくフレキシブルな仕事を満喫することができるんです」と、イギリスカイロプラクティック協会(BCA)の記事の中でカイロプラクター、ティム・ハッチフルさん。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >