2019/02/01 16:40

いつもの睡眠を「快眠」にバージョンアップさせるヒント5

良質な眠りは不調の改善につながりますし、とくに悩みのない方でもちょっと睡眠を意識するだけで仕事や家事のパフォーマンスを上げることができます。「そして何より、表情が明るくなりますよ」と白濱先生。

睡眠外来を受診するまでではないけれど、自分の睡眠をちょっと改善したいなと考えている人に向けて、今日からでも試せるアドバイスをいただきました。

24時間を“棚卸し”して、睡眠時間の確保をaromarich_03image via Shutterstock

「自分がどんな生活をしているかを把握しなければ、睡眠は改善することができません。まずは1週間、自分が何にどれぐらいの時間を費やしているかを書き出してみてください。24時間の棚卸しですね。そうすると睡眠時間にあてられそうな時間が見えてきます」(白濱先生)

忙しいと、削らざるを得なくなるのが睡眠時間。しかし24時間を整理してみると、けっこうムダな時間があることに気が付きます。寝る時間が増えることで日中の仕事や家事のパフォーマンスが上がれば、睡眠の大切さに気づけるはず。はじめの一歩としたいのが、24時間の棚卸しです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >