2019/02/01 16:40

いつもの睡眠を「快眠」にバージョンアップさせるヒント5

仕事を終えたら、オフモードにシフトチェンジaromarich_04image via Shutterstock

「仕事が終わったら、男性がネクタイをゆるめるように、女性はまとめていた髪をほどいたりスニーカーに履き替えたりするなどして“これからはリラックスする時間”とシフトチェンジすることも有効。それがスムーズな睡眠へと導く“入眠準備”につながります」(白濱先生)

オフモードに切り替えるには、自律神経の交感神経よりも副交感神経を優位にすることが大切なのはご存知の通り。

自律神経はブレーキのついていない車のようなもので、「アクセルをふかした交感神経を落ち着かせ、リラックスモードの副交感神経を優位にするには徐々にスピードダウンするしかない」と白濱先生。

せっかく落としたスピードを再び上げるようなブルーライトや激しい運動、過食などは避けましょう。

就寝前のルーティンで自律神経をコントロールaromarich_05image via Shutterstock

「とはいえ、ちょっとした工夫でコントロールできるのが自律神経。寝る前に歯を磨いてトイレに行くぐらいの簡単なルーティンでいいので、ルールと決めて寝る前に必ず行えば、『そろそろ寝るんだな』と察した自律神経からのサインを脳が受け取り、寝つきが良くなります」(白濱先生)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >