2019/02/03 20:00

脳の老化予防にも期待! 正しい「歯磨き」と簡単「舌回し」の方法

記憶力が落ちた、人の名前が覚えられない.……。なんだか最近、脳が衰えてきた気がする。そんな状況を改善する方法は、「歯を守ること」だと認知症の専門医である長谷川先生は話します。

今や国家レベルの問題となっている認知症ですが、20代、30代の人はまだまだ先のことと捉えがち。しかし実際は、35歳を過ぎた頃から、脳には認知症の原因物質が溜まりやすくなるのだそう。

物忘れ

そこで、今すぐ始められる脳の老化を防ぐ正しい歯みがきの習慣について、これまでに20万人以上の認知症患者を診てきた長谷川先生の著書、『脳の老化を止めたければ、歯を守りなさい! 』から紹介します。

脳の大半を占めるのは「口」の領域

毎月1000人の認知症患者を診察する、日本有数の脳神経内科、認知症の専門医である長谷川嘉哉先生。いち早く歯と口腔環境の関連性に気づき、積極的に口腔ケアを導入し、「医科歯科連携」の第一人者として、各界から注目を集めています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >