2019/02/05 20:30

40代女性はなぜ太る? 2つのホルモンと肥満の関係を産婦人科医が解説

「何をしても、体重がどんどん増えるのです」。医師が40歳以上の患者からもっともよく聞くフレーズが、これ。

年齢を重ねると、体重を減らすのが本当に難しくなります。きちんとエクササイズをして、健康的な食事をとっているにもかかわらず、40代後半になったとたん、体重がまったく減らないようになります。

産婦人科医である筆者の場合もそう。40代女性の体重は落ちにくい

思いつくかぎりのことをしても、体重計の示す数値は、理想の体重を4.5kgもオーバーしていました。これはおかしいと思って体重計を買いなおしてみたものの、結果は変わらず。

医師が患者に対してずっと言い続けていること(炭酸を避ける、カロリー計算をする、食べる量をきちんと守る、パンを食べない)をすべてやってみても、新しい体重計が示す値はちっとも変わらないという始末なのです。

1年で約2.5kgずつ体重が増えていく

中年期になると、女性の体重は平均して1年につき約700g増えます。そして閉経を迎えると、体重がさらに増えるようになります。女性の9割が、閉経したのち1年以内に約2.5kg以上も体重が増えます。1年につき数キロならたいしたことないと感じるかもしれませんが、45歳以降、1年につき約2.5kgずつ体重が増えていくとしたら、55歳になると25kgほども増えることに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >