2019/02/19 07:20

空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

image via Shutterstock

私は自分でも1口30回噛むという小さな習慣を試してみましたが、すばらしい効果がありました。消化がずっとよくなり、食べ物をもっと楽しめるようになり、食べすぎるのが難しくなりました。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』215ページより引用)

あらゆる体重の男性を対象にした中国の研究では、いつもよりよく噛んで食べたときには、摂取カロリーが約12パーセントも減ったのだそう。よく噛むことで、グレリン濃度(空腹ホルモン)が減少したことが理由だとガイズ氏は述べています。

食べ物をよく噛んで食べると、同じ満腹感で食べる量が減り、それでいて満足度は高まります。ガイズ氏が言うように、これほど大きな減量効果は、ほかの方法ではそう得られるものではありません。

ガイズ氏自身の経験では、果物のようなやわらかい食べ物なら15回以上、肉のような歯ごたえのある食べ物なら45回以上噛むようにしたところ、ストレスなく「よく噛む」習慣を続けられるようになったとのこと。ぜひ1口ごとに「噛んだ回数」を数え、練習してみてください。やがては新しい回数が習慣化されていくはずです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >