2019/02/22 07:20

ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

image via Shutterstock

一般的なルールとして、もしあなたが高強度の激しい運動に対応できるなら――ほぼ誰でも何らかの形のHIITに対応できます――中強度の有酸素運動よりもHIITを選んでください。

研究結果から、高強度の運動(全速力で走るような、激しい運動)は脂肪、とくにおなか周りの脂肪の燃焼にとても効果があることがわかっています。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』234ページより引用)

「ダイエットを始めよう」と思ったとき、持久性トレーニングのためにランニングマシンに乗る人は多いかもしれません。しかし、このタイプの中強度の運動は、脂肪を減らすには優れた方法ではないとガイズ氏は指摘します。

ガイズ氏のおすすめは、ランニングよりも「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」。ある実験では、15週間のHIITプログラムを20週間の持久性トレーニングと比較しました。その結果、HIITプログラムによる皮下脂肪6カ所の総量の減少は、持久性トレーニングより9倍大きかったとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >