2019/02/24 20:00

胃酸の逆流を防ぐには◯◯向きで寝る。隠れ胃弱になっていませんか?

「胃が整えば、心も身体も健康になる」と語るのは、内科・循環器科のエキスパートであり、自らも胃弱を克服した経験を持つ池谷敏郎先生。著書『人生は「胃」で決まる! 胃弱のトリセツ』(毎日新聞出版)から、胃弱にまつわる意外な話をご紹介します。

意外に多い“隠れ胃弱”。よくある不調は?

ワインを飲む女性

胃弱とは、何らかの理由によって胃や食道がうまく働かず、不調が起きる状態のこと。池谷先生によると、現代人は生活習慣の乱れやストレスから胃弱になりやすく、「自分は胃弱だ」と自覚している人も増えているといいます。

しかしなかには、「食べ過ぎたときや揚げ物を食べたときに胃がもたれるのは、当たり前」と思っている人もいるはずです。池谷先生によると、これはれっきとした胃弱。自分が胃弱であることに気づいていない“隠れ胃弱”を含めると、胃に不調を持っている人は意外に多いのではないかと池谷先生は指摘します。

たとえば、

朝食が食べられない脂っこいものが食べられない緊張すると胃がキリキリするすぐにおなかが一杯になるげっぷが出やすい

……といった症状も、じつは“隠れ胃弱”によくある不調。食事やストレスなどのダメージにより胃の不調が顕在化しやすい状態、つまり胃弱と考えるべきなのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >