2019/02/25 05:30

猫背をのばして肩こり改善。毎日続けられる5分ストレッチ

股関節や膝の裏側、肩や胸、背中、首などがいつもこっていると感じている人は、決して少なくありません。これらの部位は、理学療法士が治療を行う筋肉のなかでも固くなりやすい場所で、デスクワークのせいでこりやすくなります。

「それらのこりは、長時間ずっと座りっぱなしでいるのが原因」と話すのは、テキサス州オースティンにあるRun Labの理学療法士マーフィー・ハラスさんです。

座っているときの姿勢は、腰が曲がり、肩は内側に丸まって猫背になり、頭がうつむいている状態になりやすいものです。この姿勢で何時間もずっと座りっぱなしでいると、筋肉や関節が、その位置で「固定」されたようになるのです。

スポーツやエクササイズが引き金となって、身体のこうした部位がこり固まっていると感じるケースもありますが、原因の多くは座りっぱなしで、運動によるケースはそう一般的ではない、とハラスさんは強調します。

これらの筋肉や関節は、エクササイズではひと通り動かすことになりますが、座っているときは動かしません。したがって身体が固まるという点では、どんなスポーツよりも座り続けることのほうが、よっぽど最悪。コリの痛みがいつまでも取れないのは、そのためです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >