2019/03/04 21:45

【3月の新月】希望の光が差し込んで、新しい自分が目覚めるとき

陽射しに春のぬくもりを感じる季節になりました。冬眠していた生き物たちが目覚めるように、私たちも動き出すタイミングです。新たな挑戦を、新月がそっと後押ししてくれます。

3月の新月:意外な一面に気づく「覚醒の月」

【新月の瞬間】
3月7日(木)1時04分

新月の前日にあたる3月6日(水)は、二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」です。「啓」という字には、闇に光がさしてきて夜が明ける、という意味があります。「蟄」は、虫などが土の中に隠れて、とじこもること。つまり啓蟄とは、土の中で冬ごもりをしていた虫たちが、陽射しのあたたかさを感じて出てくる頃です。

そして、新月をむかえる3月7日は、旧暦では2月1日にあたります。旧暦2月の異称(和風月名)は「如月(きさらぎ)」です。「きさらぎ」の由来は、冬の間に眠っていた草木が息をふきかえし、成長しはじめるという「生更ぎ(きさらぎ)」から転じたものといわれています(諸説あります)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >