2017/05/18 17:00

猫のワクチンや医療費はいくら?飼い始めにかかる6つのコスト

猫の病気のサインはなかなかわかりません。体重の変化、尿の減少、食欲減退や身体を舐め続ける行動。普段一緒にいると、これらの微妙な違いになかなか気付くことができなくなってきます。飼い出した頃はマメに記録していた体重の変化もいつしかおろそかになり、ただただ猫を撫でるだけの毎日が続いたりします。

なにより猫は身体のしんどさを私達に訴える術をほとんど持っていません。この重大な事実を忘れがちになり、気がついた時には…「!」と慌てて動物病院に駆け込むことになってしまうのです。いつまでも一緒に暮らし続けるために、お金の問題で大切なことを諦めたり妥協したりすることがないように、できることはできるうちにやっておきましょう。

■ 備えあれば憂いなし

完全に憂いを打ち消すことは無理ですが、健康診断や定期的なワクチン接種・駆虫は不慮の事態を防ぐために必要です。そしてそれは猫へ注ぐ最小限の愛だと思ってください。お金が掛かるから…なんて理由で必要なことを行わないのはある意味虐待です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >