2017/06/20 17:00

鉄フライパンを使うなら知っておきたい!サビ予防&復活させる方法

鉄製のフライパンは「サビたら使えない」と思っている人が意外に多いようです。実は、穴があくまで使えるほど耐久性が高いところが鉄フライパンの魅力。サビは事前に予防でき、サビても対処できるんです!今回は、合羽橋の料理道具店「飯田屋」6代目・飯田結太さんに鉄フライパンを使う前の油慣らしの方法とサビつき鉄フライパンを復活させる方法を教えてもらいました。

■鉄フライパンを購入したら「油慣らし」

鉄フライパンは購入したら、まず「油慣らし」が必要です。油慣らしをすることで、サビにくく使い勝手をアップさせていきます。必ず調理前に施しておきましょう!

◎油慣らしの方法

・STEP1:強火で空焚きする
・STEP2:油を入れて野菜くずを軽く炒める
・STEP3:冷めてから水やぬるま湯だけで洗う
・STEP4:空焚きして油を薄くひいたら完成

まずは、強火で空焚きをして、鉄の表面全体が青くなるまで焼きます。次に、油を薄くひいて、野菜くずなどを軽く炒めます。フライパンが冷めたら、水やぬるま湯だけで洗いましょう。「洗剤」で洗うのは厳禁!せっかく馴染んだ油がリセットされてサビやすくなってしまいます。最後に、再びフライパンを強火で空焚きし、フライパンの水気を飛ばしたら、油を薄くひいて完成!鉄フライパンが熱くなるので、やけどに注意しながら行いましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >