2018/05/12 11:00

結婚前に準備したい貯蓄額 結婚相談所を利用する場合は?

「結婚したい」と思ったら、どのくらい貯金しておけば安心できるのだろうか(画像はイメージ)
「結婚したい」と思ったら、どのくらい貯金しておけば安心できるのだろうか(画像はイメージ)
 「いつか結婚したい」と思ったら、どれくらいの貯蓄があったらよいのだろうか。もちろん籍を入れるだけであればお金は気にしなくてよいが、結婚式や新婚旅行、新生活を始める場合は大きなお金が必要だ。今回は、結婚に向けて貯めておきたいお金についてお伝えしよう。

山崎育三郎インタビュー “歌って踊る”結婚相談所所長を熱演

■結婚式は300~400万円程度を目安に

 結婚式は、会場の規模、タイプ、招待客の人数などにもよって必要な金額が大きく変わってくる。安ければ数十万円で可能だが、一般的な目安は300万円~400万円程度だ。「もらったご祝儀で支払えばいい」と考えている人もいるが、結婚式費用を先に支払う“前金制”も多いので要注意。両親からの援助が期待できそうな場合は、念のためさりげなく確認しておくとよいだろう。

 また、挙式後は新婚旅行に行きたいと思っている人も多いかもしれない。行き先や期間などでかかるお金は大きく異なるため、10~100万円程度が目安となる。毎年海外旅行をしていて、新婚旅行も兼ねるということであれば大きな貯蓄は不要だが、ふだん旅行はしないが新婚旅行は豪華に行きたいと思うのであれば、しっかり準備しておこう。新婚旅行ではビジネスクラスを選んだり、グレードの高いホテルにしたり、旅行期間を長くしたりするなど奮発することも多い。2人で100万円以上かかる場合もあるので、あらかじめプランを考えておこう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >