2018/04/02 06:10

医師への暴言、炎上…2型糖尿病のクロちゃんが体験した「教育入院」とは

 医療バラエティー番組で、2型糖尿病であることが発覚したお笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが先日、5日間の「教育入院」をしたことが話題になりました。同番組で医師に「血糖値が即入院レベル」と警告されても、自身のツイッターや他番組で奔放な言動を繰り返し、一向に生活習慣を改める気配がなかったクロちゃん。ところが、入院後は打って変わって「本当にキチンと勉強しないといけないなと思いました。なのでキチンと頑張ります!」と“殊勝な”コメントを発表しました。

 これを受けてネット上では「教育入院て何」「クロちゃんが改心するほど厳しいのか」「自分もやった方がいいかも」など、教育入院への注目が高まっています。教育入院とはどのようなものなのか、医師の市原由美江さんに聞きました。

■食事指導や合併症の検査も

Q.教育入院とは何ですか。

市原さん「教育入院とは、患者さんが糖尿病に関する知識を学びながら血糖コントロールを行うことを目的とした入院です。対象は、糖尿病になったばかりの患者さんや、糖尿病の治療がうまくいっていない患者さんなどさまざまで、医師が判断した場合に入院となります。一般的な治療だけが目的の入院とは異なり、治療に加え、あらゆる方法で糖尿病の知識の補充が行われ、合併症の検査を行うのが特徴です。なお、高血圧や腎臓病などの教育入院を行っているところもあるようですが、一般的に教育入院は『糖尿病教育入院』の略です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >