2018/04/06 11:30

福岡の段ボール卸売会社の看板が「ほっこり」「なんだか好き」と話題に、なぜこうなった?

 ある包装資材の卸売会社の看板がSNS上で注目を集めています。「できたての段ボールは湯気でホヤホヤ」というユニークなキャッチコピーを採用したもので、会社の認知度向上や新規取引先の開拓につなげているといい、SNS上では「ほっこりする」「なんだか好き」などの声が上がっています。オトナンサー編集部では、看板を設置した九州包装機材工業(福岡県大野城市、姫野正浩社長)に話を聞きました。

■段ボールの製造過程を参考に

 九州包装機材工業は、段ボールやガムテープ、緩衝材などの卸売り事業を手掛けており、今年2月に創業50年を迎えました。

 この看板は、横6メートル×縦4メートルと大きなもので太宰府インターチェンジ(IC)近くの県道112号線沿いにあります。先代社長の時代に設置されましたが老朽化したため、2013年8月に現在のものへとリニューアル。「記憶に残る親しみやすい看板にする」というテーマの下、広告代理店と打ち合わせを重ね、デザインを決めました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >