2018/04/10 06:10

坂口憲二さんが活動休止 指定難病「特発性大腿骨頭壊死症」とは

 俳優の坂口憲二さんが、国の指定難病である「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」の治療に専念するため、芸能活動を無期限休止すると発表しました。心配や戸惑いの声が上がるとともに、耳慣れない病名にも関心が集中しています。特発性大腿骨頭壊死症とはどのような病気なのでしょうか。オトナンサー編集部では、医師の市原由美江さんに聞きました。

■股関節に強い痛み、原因不明の難病

Q.はじめに指定難病とは何でしょうか。

市原さん「まず、難病とは『発病の機構が明らかでない』『治療方法が確立していない』『希少な疾患である』『長期の療養を必要とする』という条件を満たす疾患です。指定難病はさらに『患者数が本邦(日本)において一定の人数に達しないこと』『客観的な診断基準が成立していること』という2条件が加わり、医療費助成の対象になります。指定難病の指定はいくつかの専門会議を経て、最終的に厚生労働大臣が行います。平成30年4月1日時点では、331の疾患が指定されています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >