2018/04/11 06:20

インスタ映え狙いで“桜の枝”を折る人に「ひどい」「犯罪では?」と批判噴出、法的には?

 花見シーズンで桜の写真を撮る人が増加する中、公園などの桜の木の枝を折って花冠を作り、それを身に着けた写真をインスタグラムなどに投稿する人が増えているようです。ネット上では「ひどい」「インスタ映えのために木を折るな」「これ犯罪じゃないの?」などと批判の声が上がる一方、「枝はやりすぎだけど、花を摘むくらいならいいのでは」「土手のシロツメクサで花冠を作るのは?」といった疑問も寄せられています。こうした行為に法的問題はないのでしょうか。

■伐採は器物損害罪、持ち帰りは窃盗罪

 芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士は次のように話します。

「樹木・草花を土地所有者(公共の場であれば国/市町村)に無断で傷つけたり伐採したりする行為は、器物損壊罪に該当します。この場合、所有者に告訴されると、3年以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性があります」

「さらに、桜の木の枝を折って無断で持ち帰る行為は、窃盗罪です。森林の場合には、森林窃盗罪(森林法197条)に該当します。森林窃盗罪は、3年以下の懲役または30万円以下の罰金に処される可能性があります。民事上は、発生した損害を賠償する法的責任も発生するでしょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >