2018/04/12 06:20

苦労して書いたレポートの表紙が差し替えられ“他人のもの”に…不正者の法的責任は?

 大学の「レポート」に関するトラブルが先日、SNS上などで話題になりました。他人のレポートを、氏名などが書かれた表紙部分だけを差し替えて提出する不正があり、犯人は不正を認め、処分を受けたとのこと。しかし、本来の提出者が特定できないといい、SNS上では「悪質すぎる」「カンニングと違って、被害者側に明らかな損害がある」「立派な窃盗行為」などの声が上がっています。こうした行為にはどのような法的問題があるのでしょうか。芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士に聞きました。

■単位取得は「財産上の利益」にあたらない

Q.他人のレポートの表紙を差し替え、自分のものとして提出する行為にはどんな法的問題がありますか。

牧野さん「教授をだまして単位を取得しようとしたのですから、法的には、詐欺の未遂罪にあたるかどうかが問題となります。しかし、一般に大学での『単位の取得』は『財産上の利益』には該当しないと解されますので、詐欺未遂罪の成立は難しいでしょう。ただ、提出されたレポートが他学生から盗んだものであることが証明できれば、窃盗罪に問うことは可能です。窃盗罪で有罪判決が下された場合は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金刑に処されます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >