2018/05/03 06:10

大阪で行われる巨人-ヤクルト戦のポスターが「最高にロック」と話題に、企画担当者に聞く

「大阪で東京対決、なんでやねん」と、おばちゃんパーマの女性がツッコミを入れるポスターが、そのインパクトの強さで「最高にロックな広告見つけた」などとSNS上で評判を呼んでいます。パーマをかけた髪はオレンジ色、ヒョウ柄の服にヒョウ柄のハリセンと、コテコテの“大阪スタイル”。7月25、26日にプロ野球、巨人対ヤクルトの試合を京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催することの告知ですが、「こんなおもろいポスター作ったの、なんでやねん」と聞いてみたくなり、担当者に取材してみました。

■4月下旬から京セラドームに掲示

 企画を担当した、読売新聞東京本社事業局スポーツ事業部の佐々木航平さんによると、登場している女性は、テレビのバラエティー番組にも数多く出演している浅見千代子さん。ポスターは4月下旬から京セラドーム、5月1日から大阪環状線の各駅で掲示しているそうです。

Q.ポスターの狙いは。

佐々木さん「京セラドームでは毎年巨人戦をやっているのですが、大阪では阪神さんなど野球の広告が多いので、普通のデザインでは素通りされるかもしれません。『大阪の人に立ち止まって見てもらえるものを』と考えました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >