2018/05/18 06:20

生理用ナプキン「ウィスパー」販売終了、その背景に競争の激化 市場そのものは堅調推移

 かつて、国内トップクラスのシェアを誇っていた生理用品「ウィスパー」シリーズが、国内販売を終了していたことが先日、明らかになりました。P&Gは理由について「利益面だけでなく市場のシェアや今後の成長性など、あらゆる分野を総合的に判断して決めました。特定の原因があったわけではありません」としましたが、30年余りにわたって多くの女性たちに愛用されてきたロングセラー商品は、なぜ姿を消したのでしょうか。その背景を探りました。

■圧倒的な吸収力や羽根付きで人気

「ウィスパー」は、衣料用洗剤や衛生用品などを製造・販売するP&Gが1986年に販売を始めました。生理用ナプキン市場では後発組でしたが、吸収力の強さなどを武器に急成長。当時としては珍しい羽根付きの製品や、超薄型タイプの製品など新商品を次々に投入し、著名人を起用したCMを大量に流したり、小学校での初潮教育に積極的に協力したりして、シェアを伸ばしていきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >