2018/06/13 06:10

シャンシャン1歳で祝福ムード そもそも、パンダの体色はなぜ「白黒」なの?

 東京・上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が6月12日、1歳の誕生日を迎えました。その愛らしい姿を一目見たいと、シャンシャンのブースは連日大にぎわい。実際に足を運ぶことができない人のために、同園がライブ配信している動画も人気です。

 ところで、パンダの特徴といえば白黒のツートンカラーですが、あれほどはっきり白黒に別れた体色になったのには理由があるようです。オトナンサー編集部では、著書に「動物進化ミステリーファイル」(実業之日本社)などがある、「どうぶつ科学コミュニケーター」の大渕希郷さんに聞きました。

■白黒の理由は「省エネ」?

 大渕さんは、かつて、上野動物園の飼育展示スタッフを務めた経歴の持ち主。2011年2月、後にシャンシャンの両親となる、リーリーとシンシンが来日した際の搬入作業に携わったそうです。

「当時、私は両生爬虫(はちゅう)類館の担当でした。ある日突然『2月21日は午前3時に動物園集合』と言われたことを覚えています。ジャイアントパンダが届くので、男手が必要とのことでした。中国から上野動物園までは、飛行機やトラックで運ばれてくるわけですが、最後は人の手でパンダ舎の中へ檻(おり)ごと運ばないといけなかったからです。深夜、とても重たい、黒い鋼鉄製の檻に入ったパンダを男性飼育スタッフ数名で運び込みました。とにかく重くて、眠気も吹っ飛んだ覚えがあります」(大渕さん)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >