2019/02/20 06:40

ギネス記録1万円も…花粉シーズンの必需品「ティッシュペーパー」に高級化の波?

 スギやヒノキの花粉が飛散するシーズンを迎え、花粉症の人はティッシュペーパーが手放せない時期かもしれません。そんな中、保湿機能や肌触りにこだわった高価格のティッシュに注目が集まっています。中には1箱1万円という超高級品もあり、使うのがもったいないと感じてしまいそうです。本来は消耗品であるはずのティッシュの高級化が進むのはなぜなのか、取材しました。

■お中元やお歳暮、お見舞い品にも

 2018年8月8日、ある「世界記録」が認定されました。大昭和紙工産業(静岡県富士市)が2014年3月に発売した高級ティッシュ「十二単(ひとえ)ティッシュ」(税込み1万円)が「世界一高級なボックスティッシュ」として、ギネス世界記録に認定されたのです。

 上質な肌触りの「十二単ティッシュ」は、鮮やかな12色のティッシュを着物に見立て、折り重ねているのが特徴。自社通販サイトのほか、日本橋高島屋(東京都中央区)の「呉服サロン」などで扱っています。同社によると、購入者の男女比は男性約55%、女性が約45%です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >