2017/05/31 17:09

“五月病”を想起させるツイート多し でもあの言葉は意外にも減少?

“五月病”を想起させるツイート多し でもあの言葉は意外にも減少?
“五月病”を想起させるツイート多し でもあの言葉は意外にも減少?

 早いもので5月も終わり。新入生や新人諸君は“五月病”にならなかったかな? AutoScale(東京)は、Twitter運用支援ツール「Cheetah」を利用し、Twitterユーザーの投稿内容から「五月病」を想起させる表現の増減について調査した。

 「五月病」とは、一般的に新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称とされている。会社を辞めたくなったり、世の中そのものが嫌になったり──実際、5月にされるツイートには、それに絡む言葉が増える傾向にある。

d22240-5-523556-0 今回の調査によると、4月と比較し、Twitter上でツイート件数が伸びているキーワードは「つまらない」、「行きたくない」、「疲れた」、「きつい」の4つ。う~ん、いずれも、なるほどと思わせる言葉だ。

 一方、“五月病”では会社を辞めたくなりそうな感じもするが、意外にも「辞めたい」のツイート件数は減少。さらに、「眠い」、「だるい」に関連するツイート件数も減っている。「辞めたい」という明確な意思を持つよりも、なんとなく「つまらない」「行きたくない」といった感情を持ってしまうのが“五月病”と呼ばれる精神状態なのかも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >