2017/07/03 10:26

【選挙の舞台裏】(中) スタッフが集まらなければお話にならない!?

選挙カーから手を振る千葉県議会議員の水野ゆうきさん。
選挙カーから手を振る千葉県議会議員の水野ゆうきさん。

 前回は、選挙というものは、どれだけ努力を積み重ねるかが大切と書いたが、今回は実際に始まるまでの準備についてご説明しよう。

 政治の世界では、俗に「選挙にならない」と言われることがある。ただでさえ、人が必要なのに、スタッフの数がそろわないため、選挙期間中に満足な活動ができないことを指す。いかに、普段の活動量が豊富で、告示日までに「結果が9割決まっている」と言われても、選挙期間中に誰に投票するか決める人も少なくないのが現実で、本番の活動を怠ってはお話にならない。「画竜点睛を欠く」ということわざがあるように、選挙のプロも選挙戦本番を“仕上げ”と位置づけており、どんな選挙であっても、まずはスタッフをいかに集めるかが重要になってくる。

 企業や団体など組織のバックアップがある候補者なら、そんな悩みは少ないものの、そうでない候補者はこれも選挙に臨む上で大きな関門になる。

 地元の我孫子市で精力的に活動していることでも知られる千葉県議会議員の水野ゆうきさんは「SNSでボランティアを募集することもあるし、地域活動をしている中で自然と応援してくれる人が現れる」と話す。やはり、ここでもモノをいうのは普段の活動量。選挙期間中の運動を活発にするためのスタッフも、日頃の努力によって数が決まるようだ。さらに、水野ゆうき県議が活用するSNSも、現代選挙を語る上で強力なツールとなることも見逃せない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >