2017/08/14 14:12

夏休み自由研究にも良さそう! 国宝・重文がめじろ押しの「空海と高野山の至宝」展

国宝『八大童子立像』のうちの恵光(えこう)童子像(運慶作・金剛峯寺蔵)。
国宝『八大童子立像』のうちの恵光(えこう)童子像(運慶作・金剛峯寺蔵)。

 こんなチャンスはめったにない。約76年に一度しか見られないハレー彗星や、同じ場所では数百年に一度しか見られない皆既日食。もしかしたら、それらに匹敵するくらい千載一遇の機会がいまあなたに訪れているのかもしれない。

 仙台市博物館で8月27日(日)まで開催中の“東日本大震災復興祈念”特別展「空海と高野山の至宝」には、日本の、いや世界の宝ともいうべき貴重な品々がこれでもかとばかりに展示されている。1点でも見る機会が限られている国宝や重要文化財が、これだけ多く展示されるのは本当にまれだという。


仙台市博物館(仙台市青葉区川内26)。開館時間は9時~16時45分(入館は16時15分まで)で、毎週月曜日は休館。

 日本の歴史を学んだ人なら誰でも知っている、平安時代に登場した日本仏教界のスーパースター、弘法大師空海。日本における真言密教の祖である空海によって約1,200年前に開創された高野山は、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にも登録されている。その高野山に伝わる空海ゆかりの宝物や密教美術が今回、惜しげもなく仙台市博物館にやってきた。それらを鑑賞することは、仏教や真言宗に関心のある人はもちろん、美術、歴史、書道を愛好する人にも、きっと忘れえぬ経験となるはずだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >