2017/09/04 12:40

この大会ならではの温かい雰囲気 “ジャパン パラ水泳”で日本の若手が活躍

この大会ならではの温かい雰囲気 “ジャパン パラ水泳”で日本の若手が活躍
この大会ならではの温かい雰囲気 “ジャパン パラ水泳”で日本の若手が活躍

 会場に入ると軽快なロックミュージックがいきなり耳に飛び込んでくる。コンサート会場のような明るい華やいだ雰囲気だ。

 その大音量の音楽が止み、スターターの合図音が鳴り響くと、50メートルプールから一斉に水しぶきが上がる。音楽の音量を上回る観客の大歓声を受けて、目や耳、体の不自由な選手たちが最後の力を振り絞ってゴールにやってくる。どんなに遅れても最後の選手が到着するまで観客の声援は途切れない。そして最後にゴールした選手に対しての拍手が、ひときわ大きく聞こえるのは、“この大会”の持つ温かさなのだろう。

 東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)で9月2、3の両日開かれた「ワールドパラ水泳公認 2017ジャパンパラ水泳競技大会」は、身体障害や知的障害を物ともしない選手たちの躍動した泳ぎと飛び切りの笑顔で観客を魅了した。

 ジャパンパラ水泳競技大会は1991年に始まり今年で27回目。今回初めて海外から選手を招き、大会の国際化と2020年東京パラリンピックに向け競技のレベルアップを狙った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >