2017/11/09 17:35

「日本イチゴ」をマレーシアで現地栽培! 地の利を生かしてシンガポールでも通年販売

マレーシアのキャメロンハイランドで栽培されている日本品種(章姫)のイチゴ。
マレーシアのキャメロンハイランドで栽培されている日本品種(章姫)のイチゴ。

 マレーシアの“賢人”マハティール氏が首相当時に掲げた「ルックイースト」。バブル経済崩壊がまだ先の1980年代初頭、「日本に学べ!」と語る賢人の言葉は、経済成長に酔う当時の日本人の自尊心に快く響いた。

 あれからもう30年余りが過ぎ、この間、急成長を遂げたお隣の中国がGDP(国内総生産)で日本を抜き、アメリカに次ぐ世界第2位の「経済大国」となった。醸し出す雰囲気が毛沢東になんとなく似てきた中国の習近平国家主席はアメリカンドリームならぬ「チャイニーズドリーム」を掲げ、中国経済隆盛の“動脈”となる「一帯一路」と名付けた壮大な陸海商業・貿易ルートの開拓に着手している。 インドネシア初の高速鉄道の建設計画受注合戦で、日本が中国に敗れたことは記憶に新しい。マレーシアやインドネシア、シンガポールなど東南アジア諸国連合(ASEAN)の各国は、かつての中華帝国同様、「ルックノース」を無視できない時代になっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >