2017/11/30 07:50

ネット上でセクハラ被害 日本人女性の3人に1人が経験

ネット上でセクハラ被害 日本人女性の3人に1人が経験
ネット上でセクハラ被害 日本人女性の3人に1人が経験

 世界中で、性的なハラスメントに遭った女性たちが声を上げ始めているが、ネット上で被害を受けるオンラインハラスメント、というのもある。日本人女性の約半数が、その手の被害に遭っていることが分かった。

 セキュリティソフトブランド「ノートン」(シマンテック)が、オンラインハラスメントの調査結果を発表したもの。それによると、調査対象の約半数に上る46%の日本人女性が、何らかのオンラインハラスメントの被害に遭っており、3人に1人(32%)がネット上のセクハラを経験していた。

 被害の上位3位は、「悪意のあるゴシップやうわさ話」(46%)、「誹謗(ひぼう)中傷」(34%)、「セクハラ」(32%)。セクハラで最も多い被害は「断ったにもかかわらず男性からしつこく交際を迫られた」(31%)、「あからさまに性的な内容を含む不快なEメールを受け取った」(19%)など。また、30歳未満の女性の4割がネット上でセクハラ被害を経験していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >