2018/01/22 14:19

“仏料理界の法王”逝く 世界が悼むポール・ボキューズ氏

 ピエスモンテが描かれたレストラン「ポール・ボキューズ」の象徴的な店構え。
ピエスモンテが描かれたレストラン「ポール・ボキューズ」の象徴的な店構え。

 “フランス料理の法王“と呼ばれ、ミシュラン三ツ星を半世紀以上にわたり維持してきたシェフ、ポール・ボキューズ氏が20日、91歳で亡くなった。「ヌーベル・キュイジーヌの旗手」と称揚され、第二次大戦後のフランス料理界を牽引してきた伝説のシェフ。マクロン仏大統領は、「ポール・ボキューズの名はフランスの美食の化身だった」と追悼。昨年まで、ボキューズ氏のレストランの”お膝元”、リヨン市の市長を務めたジェラール・コロン内相も、「ガストロノミーは哀しみの中にある。彼はフランスそのものだった」とその死を悼んだ。


ボキューズ氏本人が描かれた外観。

 レストラン、ポール・ボキューズは、フランス南東部リヨン市の郊外、コローニュ・オー・モンドールにある。エリゼ宮(大統領府)の晩さん会で1975年、当時のジスカール・デスタン大統領に捧げたトリュフのスープをはじめ、スズキのパイ包み焼き、クネルのザリガニソースなど、名物料理は数知れず。世紀の料理人とも形容され、料理人たちが腕を競い合う「ボキューズ・ドール」も創設、後進の育成にも力を入れた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >