2018/01/26 16:00

20代の2人に1人が「くすみ肌」? 現代の「5大くすみリスク」とは?

20代の2人に1人が「くすみ肌」? 現代の「5大くすみリスク」とは?
20代の2人に1人が「くすみ肌」? 現代の「5大くすみリスク」とは?

 肌はどうしても年齢とともに衰えていくが、ライフスタイルも肌の老化に大きく関係している。小学館の「しごとなでしこ総研」が、20~59歳の女性1,225人を対象にアンケート調査を実施したところ、20代女性の53.6%が「肌のくすみ」を実感していることが分かった。また、「20代からくすみを感じ始めた」人は、20代で52.6%、30代で17.6%、40・50代になるとほぼゼロで、若い世代ほど、早い時期から肌のくすみに悩み始める人の割合が高いことも判明した。

img_148145_1 ではなぜ若い世代にくすみ肌が増加しているのだろうか? しごとなでしこ総研は、5つの原因(スマホ・ストレス・エアコン・夜更かし・メーク)を指摘する。「平日2時間以上スマホを使う人」は、20代で64.4%、30代で53.3%、40代で32.1%、50代で22.3%と、20代が最も多い。スマホの長時間使用は睡眠の質を下げ、睡眠不足は角層水分量の低下につながる。ストレスを感じている人の割合は全世代で多いが、中でも20・30代で「ストレスを感じている」人は8割超。またストレスが多いと肌の皮脂量が増え、酸化すると、くすみの要因となる。

 さらに、エアコンによる乾燥、夜更かし・夜遅い食事など、生活リズムの乱れによる睡眠不足、長時間のメークやメークをきちんと落とさずに寝てしまう習慣も、くすみ肌の原因となる可能性がある。「1日に8時間以上エアコンの効いた環境下で働く」人は20代が最も多く50.2%。自分が「夜更かし」だと思う20代は6割以上。そして「メークを落とさずに寝てしまうことがある」人も20代が一番多く27.5%となっている。

 肌がくすんで見えると悩んでいる人は、年齢にこだわらずライフスタイルを見直してみるといいかもしれない。











今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >