2018/02/09 16:22

“AはアルマーニのA”? 服をめぐる世界の“騒ぎ”

“AはアルマーニのA”? 服をめぐる世界の“騒ぎ”
“AはアルマーニのA”? 服をめぐる世界の“騒ぎ”

 知育、徳育、体育、食育、そして今度は“服育”らしい。東京都の中央区立泰明小学校が、新年度からイタリアの高級ブランド、アルマーニがデザインを監修した制服を採用したことが話題になっている。読み書きの第一歩がABCの言語圏では、「AはアルマーニのA」と報じられ、「アルマーニからの献金があるか調べたら?」など冗談半分のコメントで沸いている。一方フランスでは、衣料品店が大量に“処分”した未使用衣類が問題になるなど、あちこち“服”周辺が騒がしい毎日だ。

 モネが連作の題材として描いた大聖堂で有名なフランス・ノルマンディーの都市ルーアン。大聖堂から歴史的な時計台まで、旧市街の真ん中をまっすぐ伸びる石畳の通りにある衣料品店、Celioの店の前は、“モダンアート”で話題だ。同店が“切り裂き”処分にしてゴミ箱に入れた衣類を、誰かが夜の間に店のシャッターに次々に吊るしたものだ。「Celioのゴミの展覧会」と命名された写真は、2万4千件以上シェアされ、「路上で寒さに震えている人たちに顔向けできない」「寄付でなく、処分を定める法律を何とかしなきゃ」といったコメントがあふれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >