2018/03/11 07:00

【もぐもぐの日】五感を磨く食育活動 “おいしさ”知る子どもに

【もぐもぐの日】五感を磨く食育活動 “おいしさ”知る子どもに
【もぐもぐの日】五感を磨く食育活動 “おいしさ”知る子どもに

 子どもたちの食育活動に早くから取り組んできた東京ガス。25年間続く息の長い「キッズ イン ザ キッチン 子ども料理教室」は、数多くの子どもたちに料理の楽しさや食の素晴らしさを伝えています。東京ガスの多彩な食育活動について、同社「食」情報センター所長・工藤裕子さんに話をうかがいました。

―長年の食育活動を振り返って、いかがですか。

 東京ガスが食育に取り組み始めたのは、今から25年前の1992年です。食育基本法が制定されたのが2005年ですから、取り組みを始めたのはかなり早かったと思います。日常生活に欠かせない食に関する知識や調理技術を子どもたちにきちんと伝えていくことはとても大切なことだと考えています。
 子どものたちの食をとりまく環境はかなり深刻な状況でした。切り身の魚が海で泳いだり、ジャガイモが木に実っている絵を書く子がいるという報道もあり、毎日食べている食材に関する知識が乏しい子どもが増えていました。これらの問題を解決するために、長年料理教室を運営してきたノウハウを活かし、子ども向け料理教室を中心とした食育活動を展開してきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >