2018/04/01 07:10

もがき続けるのが観客の役目 映画『女は二度決断する』公開へ

© 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
© 2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

 映画は世相を反映する。移民や難民、テロを扱う作品は、現在の国際情勢と同時進行。ストーリー展開や主眼の置き方はさまざまだが、この作品はひたすら重い。他の作品同様、実際の事件に着想を得ているが、結末が胸に刺さる。言葉がない。『女は二度決断する』が4月14日から公開される。

 ドイツ・ハンブルグが舞台。トルコ系移民の夫と息子を爆弾テロで失った女性の悲嘆と、悩みぬいた末の魂の行く先が描かれる。ダイアン・クルーガーが、初めて彼女の母国語、ドイツ語で演じた作品であり、その静かで力強い演技は観客を凍らせる力を持っている。

 テロの容疑者は、人種差別主義者のドイツ人。2000年以降、ドイツ全土で起きた外国人排斥の連続殺人事件が物語の根底にある。トルコ人コミュニティの内部抗争だと誤解した捜査当局により、二重の苦しみを受ける被害者たち。一方、ネオナチのつながりは国境を越え、ギリシャまで舞台は広がっていく。各国で選挙が実施される度に“右旋回”を見せつけられる、今の欧州の空気が重なって見える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >