2018/04/10 12:09

「『平成』という風景」を特集 メディア論から宗教まで

「『平成』という風景」を特集  メディア論から宗教まで
「『平成』という風景」を特集 メディア論から宗教まで

 新聞、テレビ、そしてインターネット。昭和、平成から次の世代へと移り変わる時代の中で、メディアはどう変わってきたか。平成という時代はどんな時代なのか。「改元まであと1年、この時代は我々に何を残したか…… 『平成』という風景」という“平成論”が掲載された「月刊Journalism」4月号(朝日新聞社)が発売された。

 巻頭は、平成時代の天皇論(神戸女学院大学准教授・河西秀哉氏)、インターネットの隆盛についての考察(批評家・濱野智史氏)や、フジテレビを題材にしたテレビ論(元フジテレビ社員、筑紫女学園大学教授・吉野嘉高氏)などのメディア論のほか、江戸時代から平成を見て、平和を築いてきた江戸時代の再評価を訴えるもの、オウム事件についてなど、読み応えがありそうだ。「月刊Journalism」は定価800円(税込み)、年間購読料は8,800円(税・送料込み)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >