2018/04/15 07:10

【もぐもぐの日】私たちは「弁当の日」を応援してます! もぐもぐVOICE お料理する人、応援します

【もぐもぐの日】私たちは「弁当の日」を応援してます! もぐもぐVOICE お料理する人、応援します
【もぐもぐの日】私たちは「弁当の日」を応援してます! もぐもぐVOICE お料理する人、応援します

 全国各地の個性的で元気な中堅・中小スーパーマーケット217社を束ね、現在グループ総年商4兆5千億円を誇る巨大小売協業組織を率いるCGCグループ代表の堀内淳弘さん(71)に、「弁当の日」の意義や現代日本人の食生活への危機感などを語ってもらいました。

──「弁当の日」を知ったきっかけは。

 食生活の変化に対して日ごろ思っていることを口にしていたら、知人から「こんな本あるよ」と勧められたのが竹下和男さん(写真下)の本『始めませんか子どもがつくる「弁当の日」』でした。読んでみて、「この人、本物だ」と思いました。だから我々の会議で、竹下さんに講演してもらいました。DSC_1989

──どの点に共感を。

 竹下さんは、学級崩壊などの問題の根っこはすべて、家庭の食の崩壊にある、と言います。僕も全くそう思います。今の親は新鮮な食材を買って家で料理することが少なくなりました。コンビニ弁当で軽く済ませてしまいます。竹下さんが提唱された、子どもたちが自ら料理して弁当を作る「弁当の日」という試みは、小さい頃から家で料理する習慣が身に付く、素晴らしい活動だと思いました。「弁当の日」に参加した子が学生になって自炊する率
は、「弁当の日」を経験していない子に比べて断然高いそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >