2018/04/17 11:12

【住んでみてわかったDCライフ】 航空好きは必見!空港近くの穴場スポット

タイダルベイスンの桜とジェファーソン記念館
タイダルベイスンの桜とジェファーソン記念館

 アメリカの首都ワシントンD.C.は4月初旬に桜が満開を迎えた。ご存知の人もいるかもしれないが、日本の春同様、ワシントンD.C.(以下DC)の春といえば「さくら」だ。毎年3月下旬~4月中旬にかけて「National Cherry Blossom Festival」(さくらまつり)が開催され、全米各地から観光客が桜を見に集まってくる。DCといえばホワイトハウスやリンカーン記念館が有名だが、春に訪れるならTidal Basin(タイダル・ベイスン)周辺の桜も必ずチェックしよう。


今年のワシントンD.C.の桜(アップ)。

 もう1つ、DCといえば多くの人が連想するのが「スミソニアン博物館」だろう。実は1つの博物館ではなく、スミソニアン協会に属する19の博物館・美術館・動物園と研究機関などを含めた総称だ。そしてその最大の特徴は、無料で博物館や美術館を見学できること。無料だからといって規模が小さいわけではなく、むしろ各施設の規模は非常に大きい。一部は日本最大といわれる東京国立博物館を上回るほどだ。DCに来たのなら、市内にあるNational Gallery(ナショナルギャラリー)やNational Museum of Natural History(国立自然史博物館)などに立ち寄る人が多いと思うが、今回は航空好きなら必見の、バージニア州に位置するNational Air & Space Museum(国立航空宇宙博物館)の別館を紹介したい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >