2018/05/08 13:10

【住んでみてわかったDCライフ】 先生に感謝する「Teacher Appreciation Day」

【住んでみてわかったDCライフ】 先生に感謝する「Teacher Appreciation Day」
【住んでみてわかったDCライフ】 先生に感謝する「Teacher Appreciation Day」

 Independence Day(独立記念日・7月4日)やMemorial Day(戦没者追悼記念日・5月末の月曜日)など、アメリカならではの記念日や祝日はいろいろとあるが、「Teacher Appreciation Day」という日を聞いたことがあるだろうか? 毎年5月上旬の火曜日、今年は5月8日がTeacher Appreciation Day(先生に感謝する日)だ。アメリカで特に小学生の子どもがいる家庭にはなじみのある日で、その日を含めた一週間は、先生や学校のスタッフたちに日ごろの感謝を伝えるTeacher Appreciation Weekとされている。

 感謝の仕方は、学校がある場所(州や郡)によって多少異なるようだが、先生たちに何らかのプレゼントを渡すケースが多い。例えば、メリーランド州のある小学3年生のクラスでは今年、火曜日(5月8日)に担任の先生行きつけの店にランチを頼み、花束やアマゾンの50ドルギフトカード、そして子どもたち1人1人が書いたカードとともにプレゼント。さらに木曜日(5月10日)には朝食とリンツのチョコレートを先生に贈る予定だ。また専科(音楽・美術・図書・体育)の先生たちにも、気持ちとしてそれぞれ10ドルのギフトカードが渡される。PTAも絡みながら、学校全体で先生たちに感謝の気持ちを伝える一週間となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >