2018/05/10 14:17

君たちはどう“作るか” 新たなコペル君生む「弁当の日」

「弁当の日」情報イベントで基調講演する料理研究家・土井善晴さん。
「弁当の日」情報イベントで基調講演する料理研究家・土井善晴さん。

 早い、うまい、安い―の三拍子そろった「讃岐うどん」は、香川県民不動のソウルフードとしておなじみ。PR役の県出身俳優・要潤氏の人気もあり「うどん県」として香川の名は全国に轟く。現地で本場の讃岐うどんに舌鼓を打つ観光客は多い。

 うどん県の食関連ではさらにもう一つ、全国が注目する取り組みがある。元小学校長・竹下和男さんが2001年に香川県の小学校で始めた食育活動「弁当の日」。保護者の手を借りずに子どもたちが独りで作ったお弁当を学校に持参する取り組みだ。

 いたってシンプルな活動だが、お弁当づくりに関するもろもろの経験(食材準備、料理、片付けなど)を通して、子どもたちは「何か」を感じつかんで、成長した姿を見せてくれる。弁当の日を実施した小中学校は2018年4月現在、およそ2000校。学校・PTAらの教育関係者が、弁当の日に大きな手応えを感じていることは間違いない。

 では子どもたちが感じつかんだ「何か」とは何か。もちろん子どもたち一人一人が、お弁当を作りながら感じ、つかむものは、それこそ千差万別だろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >