2018/05/11 12:19

スポーツの偉大な力 キャッチボールで再認識

滋賀県予選で優勝した明富リトルクラブ
滋賀県予選で優勝した明富リトルクラブ

 先の平昌五輪でアイスホッケー女子南北合同チーム「コリア」は、メダルを逃したものの、北朝鮮の非核化や南北統一に今後つながれば、後世の歴史家は「金メダル級」の活躍と評価するかもしれない。

 五輪憲章は「平和な社会の推進」を目指して「人類の調和のとれた発展にスポーツを役立てること」を掲げる。南北合同チームは、あらためてこの五輪の“原点”とスポーツの持つ“力”を思い起こさせた。スポーツの“熱狂”は、愛国心を履き違えた「排外主義」に容易に結び付くが、国家間の対立感情を一瞬にして和らげるのもまた事実。名古屋が舞台の「ピンポン外交」(1971年)は、ニクソン訪中、日中共同声明につながり、冷戦時代の国際関係に大きな影響を与えた。世界が注目の初の米朝首脳会談の行方はまだ予断を許さないが、ポンペオ米国務長官の極秘訪朝は、ニクソン訪中の露払いをしたキッシンジャー氏の極秘訪中と重なって見える。

 五輪とは規模は違うが、日本プロ野球選手会が取り組むキャッチボール普及促進活動「キャッチボールプロジェクト」も、人間同士を結び付けるスポーツの力を信じたくなる取り組みだ。昔は当たり前のように見られた親子や友人同士のキャッチボール。その光景が当たり前でなくなった現状にプロ野球のスターたちが危機感を持ち始めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >