2018/05/31 10:59

5月30日は「女子将棋の日」 小学生の女の子が将棋をやってみたいと思う理由は?

5月30日は「女子将棋の日」 小学生の女の子が将棋をやってみたいと思う理由は?
5月30日は「女子将棋の日」 小学生の女の子が将棋をやってみたいと思う理由は?

 藤井聡太七段の活躍などによって空前の将棋ブームとなる中、「将棋女子」なるキーワードも生まれているが、将棋は女児にどれくらい受け入れられているのだろうか? アクエル(東京)が「女子将棋の日」にちなんで小学生の娘のいる保護者(回答者145人)にアンケートを実施した。

 「女子将棋の日」は、女性や子どもへの将棋の普及を活動を中心に取り組む公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)が、同協会の設立記念日である5月30日にちなんで2011年に制定したもの。

 まず、調査結果によると将棋経験のある女の子の割合は3割。将棋経験のない小学生女児のうち、やってみたいは43.6%、やってみたくない56.4%だった。czMjYXJ0aWNsZSM1NDEyMCMyMDIxNjgjNTQxMjBfRnJ3Q0JCbFFKZS5qcGc czMjYXJ0aWNsZSM1NDEyMCMyMDIxNjgjNTQxMjBfZXJhR3JaQUNKdC5qcGc

 誰に将棋を教えてもらったか(複数回答)を聞くと、第1位はパパ (44人中23人)、第2位はおじいちゃん(同16人)、第3位は学校や学童の先生(同6人)で、お父さんやおじいちゃんが大半。将棋をきっかけにパパやおじいちゃんと過ごす時間が作られているというのは、ほほえましいといえる。一方で、子どもと長時間を過ごすママにも将棋に親しんでもらえれば、子どもの間で将棋がもっと広がるかもしれない。czMjYXJ0aWNsZSM1NDEyMCMyMDIxNjgjNTQxMjBfV0d3cUliZVZwSC5qcGc

 将棋経験のある子を対象に将棋の楽しいところ(自由回答)を聞くと、最も多かった理由は「考えること、頭を使うこと」(44人中19人、頭を使って戦略をねるところ/考えて駒を動かすところ/パズルみたいで楽しい、なども含む)だった。

 将棋経験のない子で「やってみたい」子を対象に将棋をやってみたい理由(自由回答)を聞くと、やはり最も多いのはテレビで話題(44人中16人、藤井聡太七段の活躍、アニメの影響など)が多く、藤井七段というヒーローの誕生が、女の子たちのハートを捉えているようだ。







今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >