2018/06/01 17:06

人気の花火大会は? 阪急交通社がツアー申込数からランキング化

人気の花火大会は? 阪急交通社がツアー申込数からランキング化
人気の花火大会は? 阪急交通社がツアー申込数からランキング化

 全国各地で行われる花火大会で人気があるのは? ──阪急交通社(大阪市)は、夏の花火大会関連ツアーの昨年度申込者数を集計し、ランキング1位~10位を花火大会情報とともに発表した。

 全国から観覧者が訪れるような人気の花火大会は、例年5月頃より有料席の販売が開始される。それでは、早めの予約の参考にランキングを見てみよう。

 花火大会申込者数ランキングは以下の通り。

1位 大曲(おおまがり)花火大会<秋田県大仙(だいせん)市>

2位 ハウステンボス花火大会<長崎県佐世保市>

3位 長岡花火大会<新潟県長岡市>

4位 熱海海上花火大会<静岡県熱海市>

5位 勝毎(かちまい)花火大会<北海道帯広市>

6位 宮島水中花火大会<広島県廿日市(はつかいち)市>

7位 ぎおん柏崎まつり海の大花火大会<新潟県柏崎市>

8位 関門海峡花火大会<山口県下関市、福岡県北九州市>

9位 びわ湖大花火大会<滋賀県大津市>

10位 洞爺湖(とうやこ)ロングラン花火大会<北海道虻田(あぶた)郡>

 対象は阪急交通社による2017年7月1日~9月30日開催分の花火大会関連ツアー申込者数で、発着地は考慮していない。

 ランキング上位3大会は前回2016年度のランキングと変わらず。熱海海上花火大会、びわ湖大花火大会、洞爺湖ロングラン花火大会が新たにランクインした。

 空襲の慰霊、平和の祈りなどが込められた長岡花火、噴火により減少した観光客を呼び戻そうと始まった洞爺湖ロングラン花火大会など、花火大会誕生の背景もさまざま。背景や歴史を知ると、花火の見方が変わるかも・・・。











今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >