2019/01/23 06:30

寒い冬ならではの絶景を見に行こう! 「じゃらん 行ってみたい冬の絶景スポットランキング」

1位:つなん雪まつり【新潟県】
1位:つなん雪まつり【新潟県】

 1年で一番寒さが厳しいこの季節。旅行もつい暖かい所をめざしがちだけど、冬ならではの絶景スポットだってたくさんある。そんな「冬の絶景」について、リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』がアンケートを実施し、「行ってみたい冬の絶景スポットランキング」を発表した。調査対象は全国の10代~50代の男女で、有効回答数は529人。冬の旅行の参考にしてみては?

 見事1位に輝いたのは、スカイランタンの優しい光が空に舞いあがる「つなん雪まつり」(新潟県)。国内最大規模を誇るスノーボードストレートジャンプ大会「SNOW WAVE」を中心に、数多くのイベントが行われる冬の祭典だ。本祭では約2,000個のスカイランタンが夜空に次々と舞い、まるでおとぎ話のような幻想的なフィナーレを迎える。

 2位は「十和田湖冬物語」(青森県)。十和田湖湖畔休屋特設イベント会場で行われる冬の祭典で、メインの雪像をはじめ、雪灯篭、ライトアップされた「乙女の像」、青色LEDの光のトンネルなど、冬の十和田湖湖畔が、さまざまな光に包まれる。毎日20時からは花火が上がり、ライトアップされた雪像と花火の競演は見応え十分。


 3位には「木曽路氷雪の灯祭」(長野県)が選ばれた。中山道の宿場町や御嶽山麓の12会場に、氷の器にろうそくを灯す手作りのアイスキャンドルや雪像、氷彫が飾られる冬の恒例イベントだ。土曜・日曜を中心に、石畳や史跡などの古い町並みが雪化粧と冬灯りで華やかな雰囲気に。


 4位は幻想的な風景が楽しめる「樹氷ライトアップ」(山形県)。蔵王ロープウェイが運行する地蔵山は、スノーモンスターと呼ばれる樹氷が林立し、その樹氷が46日間限定でライトアップされる。ロープウェイや地蔵山頂駅からはカラフルで美しい光景を望むことができる。


 以下、5位「信濃平かまくらの里」(長野県)、6位「宝川温泉 汪泉閣」(群馬県)、7位「貴船神社」(京都府)、8位「兼六園」(石川県)、8位「蒜山高原・レストラン白樺の丘」(岡山県)、10位「世界遺産 白川郷」(岐阜県)と続いている。


「じゃらん 行ってみたい冬の絶景ランキング」


2位:十和田湖冬物語【青森県】


3位:木曽路氷雪の灯祭り【長野県】


4位:樹氷ライトアップ【山形県】


5位:信濃平かまくらの里【長野県】


6位:宝川温泉 汪泉閣【群馬県】


7位:貴船神社【京都府】


8位:兼六園【石川県】


8位:蒜山高原・レストラン白樺の丘【岡山県】


10位:世界遺産 白川郷【岐阜県】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >