2019/02/06 05:30

嵐の活動休止、SMAPの時と比べると・・・ 「不満買取センター」の分析

嵐の活動休止、SMAPの時と比べると・・・ 「不満買取センター」の分析
嵐の活動休止、SMAPの時と比べると・・・ 「不満買取センター」の分析

 インサイトテック(東京)が運営する「不満買取センター」では、1月27日に報道された「嵐活動休止」に関して消費者から投稿された不満について分析した。それによると、活動休止に関する報道以降、“嵐”をキーワードにした不満が増加し、翌28日時点で不満投稿が最も多くなり、その後徐々に不満の量は減少して落ち着きつつあるという。

 嵐の活動休止報道と類似した事例として、2016年1月13日に報道されたSMAP解散報道があるが、両者を比較すると、SMAP解散報道と嵐活動休止報道が行われた日(SMAP=1月13日早朝、嵐=1月27日日中)を起点として、いずれも、報道の翌日にピークを迎え2日後以降は収まりつつあった。しかし、SMAP解散報道の場合、インターネットや新聞を中心に報道が行われた後、5日後(1月18日)に「SMAP×SMAP」番組内において、メンバーからの生放送でのメッセージ放映が行われた後に、非常に多くの不満投稿がなされたとか。まだ、嵐活動休止の報道が行われて日も浅いが、報道当日にメンバー会見も行われていることや、解散ではなく活動休止という内容などから、同センターではSMAPの場合とは異なり、長期化はせずに今後収まってくるものと予想している。

img_176557_1

 消費者から投稿された不満の声で最も多かったものは、“活動休止を悲しむ・惜しむ声”で、以下、“活動休止の報道量の多さに関する不満”や27日に行われた“メンバー会見の内容に関する不満”、“周囲の反応に対する不満”が続く。国民的なアイドルの活動休止を、ファンだけではなく幅広い人たちが悲しみ・惜しんでいる一方、テレビ番組が全てこの話題で持ちきりになるほどの報道の多さ、メンバー会見に対する「無責任」を問うた記者の質問に対しての不満も多いことがわかった。

img_176557_4

 不満の内容については、報道直後の悲しみや惜別から、その後、報道関連の番組において、この情報が取り上げられる量があまりに多く、その他のニュース・話題が取り上げられなくなったことなどに関する不満が高まった。







【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >