2019/03/25 07:00

歯科治療費 6万円と28万円と300万円の境界は?

1人平均の喪失歯数
1人平均の喪失歯数

「歯医者に行くのはお金がかかる」──そんなイメージを抱く人は多いだろう。ただ、それは「どのタイミング」で、「どの治療」を選ぶかで大きく変わる。

「痛くなったら行く」という考えだと、歯をどんどん失う悪循環に陥る。また、初診時の問診票の「保険診療か、自費診療か」の設問で、「自費」を選ぶと治療費が膨れあがるケースがある。もちろん、高額な治療が必要な状況はある。しかし、患者が「タイミング」「治療内容」の知識を身につけ、歯を守りながら費用を圧縮できる可能性があるのだ。

“歯を削って銀歯を詰める、被せる”という日本の歯科治療が、「抜歯ドミノ」を招いてきたことを本誌・週刊ポストでは追及してきた。

 グラフをご覧いただきたい。40代で歯を失う本数は平均で1本以下であるのに対して、50代から加速度的に「抜歯ドミノ」が起きていることが分かる。歯が抜けるのは、決して老化現象ではない。予防歯科に取り組む歯科医・小池匠氏(58)はこう指摘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >