2019/08/04 16:00

気管支喘息、消化性潰瘍、リウマチ 痛みを抑えられる時間帯

薬が最も効くのはいつか
薬が最も効くのはいつか

 実は薬は「何時に」服用するのかが重要なのだという。薬の最も服用効果がある時間を研究する「時間治療」の研究が進められている。九州大学大学院薬学研究院の小柳悟教授が語る。

「病気や症状が悪化する時間に合わせて薬を服用するというのが『時間治療』の考え方です。薬によって、飲んでから効果が出るまでの時間は異なるため、それぞれの薬の飲む適切な時間を知ることが大切です」

 例えば、持病が悪化しやすい時間帯が、古くから判明していたのが「気管支喘息」だという。

「1000症例以上を調べた研究で、喘息の発作は午前0時~6時に集中していました。発症頻度は、昼間に比べると400~500倍という報告もあります。夜間の発作時にきちんと薬が効くためには、夕食後から就寝2時間前までに飲むことが大切です。ただし、夕食後といっても、あまりに早く飲みすぎると、本当に効いてほしい真夜中までに薬が代謝され、効果が薄まってしまう場合もあるため注意が必要です」(同前)

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >