2019/08/25 16:00

「フレイル予防」 江戸時代の医学者がすでに指摘していた

香月牛山の肖像画。「与えられた天寿を全うするためには、何よりも健康でいることが大切」としてその方法を説いて回った
香月牛山の肖像画。「与えられた天寿を全うするためには、何よりも健康でいることが大切」としてその方法を説いて回った

「この紋所が、目に入らぬか!」「助さん、格さん、もういいでしょう」そんな決まり文句とともに“ご隠居さん”こと水戸光圀公が全国各地を旅した国民的時代劇『水戸黄門』。全国行脚はフィクションだったが、もととなった史実をひもとくと、光圀公は74才にして食道がんで亡くなるまで、「大日本史」の編さんをするなど精力的に活動した。

 水戸光圀に代表されるように、江戸時代の高齢者の多くは健康長寿を体現していたのだ。背景にあったのは、江戸の名医たちによるきめ細かな“生活指導”だという。その中でも、江戸時代中期に活躍した伝説的名医である香月牛山(1656-1740)が書いた『老人必用養草(やしなぐさ)』という医学書には、現代にも通用する健康で長生きするためのヒントが多く詰まっているという。

◆正座が長寿をつくる

 昔のお年寄りを思い返すと、普段からよく「正座」をしていた印象がある。実はそれが長寿のもとであるようだ。牛山はこう記す。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >